• 電話アイコン03-5495-7787受付時間: 9〜18時(土日祝日、年末年始を除く)
  • 電話アイコン03-5495-7787受付時間: 9〜18時(土日祝日、年末年始を除く)
  • メールでの問い合わせ

「メディカルフィットネス」で地域医療を変えてみませんか?

「メディカルフィットネス」で地域医療を変えてみませんか?

メディカルフィッネスについて、詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせください。

施設の運営で、このような
お悩みありませんか?

worry

conceptの背景

そのお悩み、ご相談ください!
JMFSだから出来るつの強み

concept

今後需要が高まる、
メディカルフィットネスとは?

about

アスリートからお年寄りまで
幅広い対象者層へアプローチ可能

運動指導系スタッフに加えて、医師、保健師、理学療法士、管理栄養士などの配置は施設に寄って異なります。 幅広い対象者を受け入れるために、従事するスタッフがそれぞれの専門性を活かして利用者のニーズに応える事が大切です。 メディカルフィットネス施設では、医療系スタッフと運動指導系スタッフが連携することで、既存の運動施設や介護施設では対応できていなかった、 幅広い対象者に有効なサービスの提供が可能になります。

地域に根付く
メディカルフィットネスの役割

健康志向の高まりとともに、生活習慣病対策に限らず、ロコモティブシンドロームや認知症などに対する要介護化防止など、 メディカルフィットネスのミッションは一段と重要性を増してきています。 受傷から復帰するアスリートへの対応や競技パフォーマンスの向上を含めたスポーツ医学、 そして脳梗塞後や心筋梗塞後のリハビリテーション(運動療法)に至るまで、メディカルフィットネスの需要は明らかに高まっています。

医療保険の適用や、
施設の利用料が
「医療費」として
税金の控除の対象になる

リハビリで医療保険が適用になることはよく知られていますが、世間であまり知られていないのが、生活習慣病予防に関しても「生活習慣病管理料」という名目で医療保険が適用になったり、指定運動療法施設においては医療機関との連携のもと、施設の利用料が「医療費」として税金の控除を受けることができることです。

運営する側利用する側
相互関係が生み出す4つのメリット

merit

メディカルフィッネスについて、詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせください。

導入された施設の声をご紹介

voice

日本メディカルフィットネス研究会(JMFS)について

introduction

私たちは、「メディカルフィットネス」を通して
「健康寿命の延伸」
「医療費の抑制」
「雇用の創出」を目指します。

Exercise is
medicine

  • Health

    Healthイメージ

  • Sport

    Sportイメージ

  • Fitness

    Fitnessイメージ

お問い合わせについて

contact

お電話からのお問い合わせ

お電話からのお問い合わせは
下記番号より承っております。

03-5495-7787受付時間: 9〜18時(土日祝日、年末年始を除く)

03-5495-7787受付時間: 9〜18時(土日祝日、年末年始を除く)

メールフォームからの
お問い合わせ

お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容必須

個人情報保護の取り扱いについて

お客様からいただいた個人情報はご連絡以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

ページ上部へ戻る