Board member

理事情報

    日本メディカルフィットネス研究会 副会長

    • 医療法人社団美心会
      元 メディカルフィットネス&スパ ヴァレオプロ ゼネラルマネージャー
      現 介護付有料老人ホーム カーサ・デ・ヴェルデ 黒沢 ゼネラルマネージャー

    • 小林 大介

    •  

      まずこの会の特徴を述べさせていただきますと、「メディカルフィットネス実践者の、実践者による、実践者のための会」と言えます。具体的には、「施設運営」「トレーニング指導方法」「医療連携」などについて、実際にメディカルフィットネスに携わっている方から生きた情報、役立つ情報を発信する会であり、ここに集った皆さまが情報交換を行う事を目的とした会であることです。

      メディカルフィットネスは、全国に230施設程度あると言われております。しかし、これを47都道府県で単純に割り算してみれば1県に5施設あるかないかです。そのような状況であるため、運営方法や指導方法についての情報が少なく、悩みながら実践されている方も多いのではないでしょうか。斯く言う私も、8年前にメディカルフィットネスのマネージャーに任命され、非常に苦しんだ時期がありました。そんな折にこの研究会が発足し、様々な情報を得ることができ、ValeoPro発展の礎となりました。
      メディカルフィットネスを広めるためには、各施設がしっかりとしたサービスを提供し、会員に選ばれ、継続していただける仕組みを作り、施設を継続させていくことが必須となります。そのためには、自施設のサービスに満足せず、貪欲に他施設の情報を得ること、新しいトレーニング知識の習得が必要となります。さらには、目標とすべき施設、ライバルとしたい施設を見つけることが必要と考えます。

      これらを実現しようとの熱い思いで、会長を始め、理事の皆さま、事務局の皆さまが、この6年間、活動を支え続け、牽引してくれました。さらに時代の追い風としても2025年問題や国が推進する地域包括ケアシステムの構築があります。こういった背景を持ちながら、テレビや新聞などに取り上げられる事が増えて参りました。まさにメディカルフィットネスを広めていく時代になってきたのではないかと考えます。
      メディカルフィットネスには様々な運営形態があります。どのような運営形態であれ、会員のため、社会貢献に繋がることは間違いありません。ですので、施設を運営し続けることこそが、私たちにとって課せられた役目だと感じています。

      この研究会の掲げる「健康寿命の延伸」「医療費の抑制」「雇用の創出」の三大ミッションを、ここに集う皆さまたちと一緒に目指していけたら本当に幸せに感じます。100年先も継続できる施設、次世代が生き生きとやりがいを持って働ける施設、これらを実現すれば、自然とより良い世の中になっているはずだと考えております。
      ぜひ、この会で、一緒に「悩み」「励ましあい」「楽しみ」ながら、自分の施設の成長の糧としていただけたらと思います。そして、誰からも求められる施設を作って行きましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

       

      メディカルフィットネス&スパ ヴァレオプロHP