About us

日本メディカルフィットネス研究会について

What is JMFS?

日本メディカルフィットネス研究会について

日本メディカルフィットネス研究会(以下JMFS)は、
1.健康寿命の延伸
2.医療費の抑制
3.雇用の創出
を3大ミッションに平成23年2月に立ち上がった団体です。

Our History

私たちの歴史

  • 2011年2月26日

    湘南鎌倉総合病院大講堂にて業界繁栄のための情報交換会としてメディカルフィットネス・フォーラムを開催。 大会長はその後初代会長は大沼寧先生(徳洲会外科部長)。その後初代日本メディカルフィットネス研究会初代会長に就任される。また、フォーラムのミッションとして「健康寿命の延伸」「医療費の抑制」「雇用の創出」をフォーラムの3大ミッションとした。

  • 2011年12月10、11日

    新潟にて第3回目のメディカルフィットネス・フォーラムを開催
    現場主体の会にしようという事で、フォーラム2日目には新潟のメディカルフィットネス施設を3か所見学するプログラムを実施。また、多くの方から今後も継続してフォーラムを継続してほしいという声を頂く。

  • 2012年6月12日

    東京 お台場のワシントンホテルにて第4回メディカルフィットネス・フォーラムを開催。この時、米国MFA(メディカルフィットネス協会理事長のケン・ガルバノ氏が来日、フォーラムにて講演される。海外との情報共有などを進めることで提携に合意。
    また、この時から2代目会長に筑波大学の田中喜代次先生が就任される。また理事組織を組成。15名の理事が就任される。

  • 2015年6月20日

    筑波大学にて第10回メディカルフィットネス・フォーラムを開催。10回目の記念講演という事で当時の会長のお膝元での開催となる。また会のテーマを「「医療」「介護」「健康」をつなぐメディカルフィットネス」と制定した。

  • 2016年12月3、4日

    山形県米沢で第13回メディカルフィットネス・フォr-ラムを開催、3代目会長に前副会長の太田玉紀先生(猫山宮尾病院内科部長)が就任される。また、理事組織も半数改正し新しく6名の理事が就任され現在に至る。

What we do for medical fitness.

メディカルフィットネスを社会に広めるために
私たちができること

近年、体力つくり、疾病の予防・改善、リハビリテーションを目的として医療機関が運営する運動療法施設『メディカルフィットネスクラブ』が次々に誕生し、その波は全国各地に広がっています。
国民の元気長寿、健幸華齢(successful aging)に向けて、個人に適した医学的サポート(オーダーメイドのソリューション提示)が肝要です。
最新情報の交換やさらなる研鑽を積み重ねて、良質のサポートができることを心から願っております。