+ Wellness Lifestyle

通い続けたくなる施設、触りたくなるマシンで、
地域の皆様に愛される場所であるために

メディカルフィットネスで、地域医療を変える

「健康寿命の延伸」「医療費の削減」「雇用の創出」のためにも, メディカルフィットネスのもつ意味合いは、益々重要となってきております。 しかしながら、運営ノウハウや成功事例が共有される場が少なく、 開設に踏み切れない方が数多くいらっしゃいます。 日本メディカルフィットネス研究会は、 そういった皆様をサポートさせて頂ける、多くのノウハウと実績を持っています。

アスリートからお年寄りまで
幅広い対象者層へアプローチ可能

運動指導系スタッフに加えて、医師、保健師、理学療法士、管理栄養士などの配置は施設に寄って異なります。 幅広い対象者を受け入れるために、従事するスタッフがそれぞれの専門性を活かして利用者のニーズに応える事が大切です。 メディカルフィットネス施設では、医療系スタッフと運動指導系スタッフが連携することで、既存の運動施設や介護施設では対応できていなかった、 幅広い対象者に有効なサービスの提供が可能になります。

地域に根付くメディカルフィットネスの
役割とは

健康志向の高まりとともに、生活習慣病対策に限らず、ロコモティブシンドロームや認知症などに対する要介護化防止など、 メディカルフィットネスのミッションは一段と重要性を増してきています。 受傷から復帰するアスリートへの対応や競技パフォーマンスの向上を含めたスポーツ医学、 そして脳梗塞後や心筋梗塞後のリハビリテーション(運動療法)に至るまで、メディカルフィットネスの需要は明らかに高まっています。

地域と病院、
相互関係が生み出すメリットって?

「健康寿命の延伸」、「医療費の削減」、「雇用の創出」のためにも、メディカルフィットネスは、益々重要となってきております。

運営する際のメリット

  • 精密な負荷設定や全身運動に効果的なテクノジム社®製フィットネスマシンを導入することができる

  • コンセプト設計/人材育成/システム設計など、運営に関するサポートを受けることができる

  • 利用者同士のコミュニティを育む場所として、地域の中心となることができる

  • 運動処方と実行結果を自施設で一貫して行えるので、より詳細な結果を得ることができる。

利用する際のメリット

  • プロのトレーナー監修のもと、適切な負荷で安全に運動を行うことができる。

  • 処方された運動を実行することで、体質・生活の改善ができる。

  • トレーニングの計画や履歴が事務を通じて伊呂期間にも残るため、経過観察がスムーズにできる

  • 全身の筋肉を無駄なく効果的に鍛えることが出来るため、筋力の偏りなどが起こらない。

痛みのない体づくりを地域の皆様に提供するために、 医療とフィットネスを融合させる。

医療法人社団 KOSMI
こん整形外科クリニック

私は高校時代、ラグビーで骨折をしました。 その時にスポーツ医学というものと出会い、怪我をしたスポーツ選手の復帰に携われる医師になりたいと思ったのが、 医者になるきっかけでした。高校生のときにすでに整形外科になることを志し、そして整形外科医になり、 ついに私の夢のクリニックで仕事をさせていただいております。

私自身、普通の整形外科勤務医として働いていた時代、 午前に外来、午後に手術をこなし、病院が終わる午後5時までに学生アスリートに来院してもらい リハビリの経過を診るというような生活のリズムでした。しかし、理学療法士が仕上げてくれた後、 その選手のフィールドまでもっていくためのトレーニングはできないものか、また今まで研鑽を重ねてきた運動療法の知識、 技術をもっと活かせる方法はないかと考えた結果、運動療法中心のクリニックを開設し、地域の住民の方はもちろん、 新潟県のスポーツアスリートに対し私の方針と管理のもと理学療法士による治療と専属トレーナーによる コンディショニングを提供できる環境を持ったクリニックにしたいと思いました。

医療とメディカルフィットネスが
手を取り合って実現させたいビジョンとは

そしてこのクリニックを新潟市の中心の中央区に作り、夜も少し遅めまで開き、 メディカルフィットネスは21時までと、少しでも皆さんが来ていただきやすい 環境にしたいという気持ちからこのクリニックの開設プロジェクトはスタートいたしました。
クリニックを開設して7年目になります。地域の皆様の健康のため、また新潟のアスリートのために、我々は日々研鑚を重ねております。 “カラダヨロコブ”をキーワードに、整形外科クリニックとKOSMIメディカルフィットネスの2つの柱で、 皆様一人ひとりのニーズにあった医療を提供していきたいと思っております。

実際にメディカルフィットネスを導入された施設の皆様をご紹介します。

今まで、私たちと共にメディカルフィットネスを実現するための施設を作り上げた方々をご紹介します。

Sports&Medical fitness
Re-Birth

地域住民の方々の健康をマネジメントし 将来の目標を達成するためのサポートができるようにようになりました。

医療機関で運動を勧められたけど、どうしたら良いかわからない... という患者に、プロトレーナーの監修のもと安全に運動を行える場所を提供することで、地域の幅広い年代の方々へ、医学的・科学的根拠をもってメディカルフィットネスを提供できるようになりました。

  • 運動したくても、他の施設では受け入れてもらえなかった方々の健康維持をサポートできる。

一人一人の患者にとって適切な負荷をかけることができるマシンを導入しました。

プロアスリートのトレーニングにも対応できる設備とプログラムを完備できました。

先進的なデザインのマシンを導入したことにより、若い人も通える施設に。

部分的な運動から全身運動まで、一人一人にあった運動プログラムを提供できるように。

医療法人宮仁会 猫山宮尾病院
メディカルフィットネス CUORE

生活習慣の改善や運動習慣を身につける機会を、 くつろぎの空間と究極の運動プログラムでサポートする。

地域の皆様が末長く健康でいられるよう、楽しく飽きない工夫を凝らした運動プログラムを提供することで、多くの方々からご愛顧いただいております。

  • 医学的管理のもと、専門のスタッフがその方の健康状態をふまえた運動プログラムを提供し、安全かつ効果的に、楽しく運動を実践していただけるよう運動指導ができる。

「CUOREで効果が得られた、ありがとう」というお言葉をいただくたびに、メディカルフィットネスという仕事のやりがいを感じます。

メディカルフィットネスの意義を理解され、30km超えたところにお住まいの方まで日々熱心に健康増進に励まれ通われています。

それぞれの患者に合った『運動処方』を提供し、糖尿病、高血圧症などの生活習慣病の改善に役立ちます。

マシン導入だけでなく、コンセプト・人材育成・システムなど運営全般にわたるアドバイスが得られます。

医療法人社団 美心会 黒沢病院
Medical Fitness & Spa ValeoPro

「予防医療と人間ドックの連携」を大方針とし、主に40代以上を対象に検査結果からの効果の出る運動指導を実施。

楽しくなければ継続なし、継続なければ結果無し。 翌日もValeoProに来たいと思っていただけるサービスを、それぞれの立場で提供することを理念としています。

  • 医療機関という保険の枠に縛られた事業とは別で、様々なことが行えるので、医療法人としてもメディカルフィットネス施設の運営は刺激になっている。

ValeoProに通い始めて1年が経過しますが、体が軽くなり、膝の痛みも軽減されました。

毎日通いたくなるような施設作りを考慮したことにより実際に多くの利用者に運動の楽しさを知ってもらえました。

施設開設のサポートとして、営業時間、会費設定などのアドバイス、マシンを使用した運動指導方法まで何もかも教えて頂けました。

社会福祉法人悠々会
ケアフルクラブ悠々園

自立支援の基本を“生きる力は笑顔の中に存在する”と考え、ご利用者さま、地域の皆さま、働くスタッフの笑顔のバランスを保つこと。

ケアフルクラブ悠々園は、健康寿命を延ばす社会の役割の中で、地域にお住まいの高齢者の方が気軽に健康と体力づくりができる場でありたいと考えています。

  • 「転倒予防」にフォーカスし、下半身のトレーニングが主体となっている。計画や実施記録が重視される業界の中で、トレーニング記録が確実に残せる「ウェルネスシステム」。

生涯施設として地域に貢献できる施設

利用者の健康にとって正しい運動を提供する施設

常に新しいこと、正しいことに挑戦し続ける施設

確実な効果をもたらすことのできる施設

メディカルフィットネス導入に向けて私たちがサポートします。

経営者の想いをヒアリングさせてもらう事に始まり、 対象者の選定、近隣施設との差別化、価格設定などの マーケティングサポートから、 スタッフの採用や研修などの開業支援まで総合的にサポートし、 最善の運用体制と「失敗しない施設づくり」をお約束します。